Creative Railway–みなとみらい線でつながる駅アート

ラッピング電車
飯川雄大《デコレータークラブ−ピンクの猫の小林さん−》

飯川雄大《デコレータークラブ−ピンクの猫の小林さん−》

Creative Railwayとヨコハマトリエンナーレ2020のオリジナル装飾が施された車両が運行中です!Creative Railwayの車両にはアーティスト飯川雄大さんの作品《デコレータークラブ−ピンクの猫の小林さん−》が出現。全貌を見たくても物陰に身を隠して姿を見せない愛くるしい「ピンクの猫の小林さん」の姿を探してみてください!

飯川雄大《デコレータークラブ−ピンクの猫の小林さん−》

Artist profile

飯川雄大

飯川雄大
1981年兵庫県生まれ、同地を拠点に活動。人の認識の不確かさや、社会の中で見逃されがちな事象に注目し、鑑賞者の気づきや能動的な反応を促すような映像、写真、インスタレーションを制作。2019年「六本木クロッシング2019展:つないでみる」(森美術館)、「美術館の七燈」(広島市現代美術館)に出品。2020年は、ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」のほか、高松市美術館の特別企画「デコレータークラブ―知覚を拒む」(会期:7月23日-10月18日)にて新作を発表。

※ヨコハマトリエンナーレ2020の飯川雄大作品について:
PLOT48会場に展示されている飯川雄大「デコレータークラブ 配置・調整・周遊」は、事前予約が必要な作品です。 公式サイトよりご予約をお願いします。 (一日約20組限定、無料エリアのため、チケット不要です)

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU