Creative Railway–みなとみらい線でつながる駅アート

10月10日(土) 象の鼻テラス:イベント『FUTURESCAPE SUMMIT』開催
2020.10.09

このたび、象の鼻テラスではFUTURESCAPE SUMMIT(フューチャースケープ・サミット)を開催します。本イベントはZoomのウェブナー形式で行い、日英の同時通訳で開催します。
象の鼻テラスは、これまで公共空間の創造的活用をテーマに取り組んできたこと に加え、2020年、新型コロナウイルス感染症との共存や、世界共通の目標となっているSDGsの達成に貢献することを目指し、「食」「健康」「環境」「災害」 「花と緑」「教育」の6分野にフォーカスし、すべての人が主体的に、自らの創造性を発揮できる社会を実現するための社会実験や教育普及事業に取り組むことを計画しています。
本サミットでは、この象の鼻テラスの新たな取り組みを発信するとともに、公共空間を創造的に活用する世界諸都市と連携し、互いの経験と知見を交換し合うことを目的に開催いたします。イギリス・リーズ市と、中国・香港から4名のゲストをオンラインで招聘し、ポストコロナにおける公共空間活用の可能性について語り合います。
 
 
【開催方法】オンライン配信(Zoom/ウェビナー)
Zoomウェビナー参加URL:https://zoom.us/j/94977355018 

 

【参加費】無料

 

【登壇者】
■イギリス・リーズ市
アッべ・ロビンソン (ライトナイトリーズ アーティスティックディレクター)
ルーシー・ダスゲート (クリエイティブ・プロデューサー) 
■中国・香港      
ロー・ヤンヤン(香港康楽及文化事務署 キュレーター) 
ウォン・アダ(Make A Difference Institute代表)
■日本・横浜市
権藤由紀子(横浜市文化観光局文化芸術創造都市推進部長)
岡田勉(象の鼻テラス アートディレクター)

 

【ファシリテーター】
守屋慎一郎(象の鼻テラス 企画担当ディレクター)
大田佳栄(象の鼻テラス 国際担当ディレクター)

 
 

【テーマ】
「Creative Experimentポストコロナの公共空間活用」

 

詳しくは『ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2020』公式ウェブサイトをご覧ください

 

<参考> スマートイルミネーション・サミット2019

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU